• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

協賛金支出でトップに 「五星紅旗」ロシアW杯での存在感

 ロシアW杯で日本代表が世界の強豪国相手に健闘し、大いに盛り上がっているが、「中国代表」も大活躍である。えっ、中国は出場していないのでは? 実は選手こそ出場していないものの、中国企業や中国製品は連日、ピッチに顔をのぞかせているのだ。

 FIFA(国際サッカー連盟)のスポンサーに名を連ねるのは7社。数年前まで「中国の不動産王」として君臨していた大連万達集団(ワンダグループ)が活動全般を支援する「パートナー」に、世界6位に躍進したスマホメーカーのVivo、家電メーカーの海信集団(ハイセンスグループ)、乳業メーカーの蒙牛(メンニウ)がロシア大会を支援する「W杯スポンサー」である。蒙牛のこってりしたアイスクリームは、各スタジアムで大人気だ。

 アジアなどに限った「地域サポーター」として、電動バイクの世界的メーカーにのし上がった雅迪集団(ヤディアグループ)、男性ファッションブランドの帝牌商務正装(ダイキング)、天津の新興VRメーカーの指点芸境(フィンガーアート)が入っている。その多くは契約額が非公表だが、「中国企業合計で8億3500万ドル(約932億円)に上り、協賛金全体の3分の1を占めた」との報道も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る