近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

協賛金支出でトップに 「五星紅旗」ロシアW杯での存在感

公開日: 更新日:

 ロシアW杯で日本代表が世界の強豪国相手に健闘し、大いに盛り上がっているが、「中国代表」も大活躍である。えっ、中国は出場していないのでは? 実は選手こそ出場していないものの、中国企業や中国製品は連日、ピッチに顔をのぞかせているのだ。

 FIFA(国際サッカー連盟)のスポンサーに名を連ねるのは7社。数年前まで「中国の不動産王」として君臨していた大連万達集団(ワンダグループ)が活動全般を支援する「パートナー」に、世界6位に躍進したスマホメーカーのVivo、家電メーカーの海信集団(ハイセンスグループ)、乳業メーカーの蒙牛(メンニウ)がロシア大会を支援する「W杯スポンサー」である。蒙牛のこってりしたアイスクリームは、各スタジアムで大人気だ。

 アジアなどに限った「地域サポーター」として、電動バイクの世界的メーカーにのし上がった雅迪集団(ヤディアグループ)、男性ファッションブランドの帝牌商務正装(ダイキング)、天津の新興VRメーカーの指点芸境(フィンガーアート)が入っている。その多くは契約額が非公表だが、「中国企業合計で8億3500万ドル(約932億円)に上り、協賛金全体の3分の1を占めた」との報道も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る