近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

協賛金支出でトップに 「五星紅旗」ロシアW杯での存在感

公開日: 更新日:

 ロシアW杯で日本代表が世界の強豪国相手に健闘し、大いに盛り上がっているが、「中国代表」も大活躍である。えっ、中国は出場していないのでは? 実は選手こそ出場していないものの、中国企業や中国製品は連日、ピッチに顔をのぞかせているのだ。

 FIFA(国際サッカー連盟)のスポンサーに名を連ねるのは7社。数年前まで「中国の不動産王」として君臨していた大連万達集団(ワンダグループ)が活動全般を支援する「パートナー」に、世界6位に躍進したスマホメーカーのVivo、家電メーカーの海信集団(ハイセンスグループ)、乳業メーカーの蒙牛(メンニウ)がロシア大会を支援する「W杯スポンサー」である。蒙牛のこってりしたアイスクリームは、各スタジアムで大人気だ。

 アジアなどに限った「地域サポーター」として、電動バイクの世界的メーカーにのし上がった雅迪集団(ヤディアグループ)、男性ファッションブランドの帝牌商務正装(ダイキング)、天津の新興VRメーカーの指点芸境(フィンガーアート)が入っている。その多くは契約額が非公表だが、「中国企業合計で8億3500万ドル(約932億円)に上り、協賛金全体の3分の1を占めた」との報道も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る