• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京医科大が3浪受験生“排除” 他大学でも門前払いなのか?

 女子の合格者数を抑制していたことで批判を浴びている東京医大に新たな問題が発覚した。3浪以上の男子受験生の合格者数を恣意的に抑えていたというのだ。

 目的は大学のブランド力を高めるためだった。同大では過去において、現役で合格した学生の94.6%が留年せずに卒業し、全員が医師国家試験に一発で合格した。一方、留年せずに卒業した浪人生は81.8%と現役合格組に比べて低く、医師国家試験に合格できなかった人も数%いたという。3浪の学生はデキが悪いので受験段階で数を絞り、「優秀な大学」のイメージを高めようとしているわけだ。

 こうしたことは他の私大医学部でも行われているのか。

「よく聞く話です」とは都内の医療関係者だ。

「かなり前から暗黙裏に行われているようです。もともとは国から私立大学に支給される助成金が原因でした。医師国家試験の合格率が著しく低いと、助成金を減額されてしまう。だから少しでも優秀な男子を優先してきたのです。今ごろ他の大学の担当者は『バレたらどうしよう?』とドキドキしてるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る