東京医科大が3浪受験生“排除” 他大学でも門前払いなのか?

公開日:

 女子の合格者数を抑制していたことで批判を浴びている東京医大に新たな問題が発覚した。3浪以上の男子受験生の合格者数を恣意的に抑えていたというのだ。

 目的は大学のブランド力を高めるためだった。同大では過去において、現役で合格した学生の94.6%が留年せずに卒業し、全員が医師国家試験に一発で合格した。一方、留年せずに卒業した浪人生は81.8%と現役合格組に比べて低く、医師国家試験に合格できなかった人も数%いたという。3浪の学生はデキが悪いので受験段階で数を絞り、「優秀な大学」のイメージを高めようとしているわけだ。

 こうしたことは他の私大医学部でも行われているのか。

「よく聞く話です」とは都内の医療関係者だ。

「かなり前から暗黙裏に行われているようです。もともとは国から私立大学に支給される助成金が原因でした。医師国家試験の合格率が著しく低いと、助成金を減額されてしまう。だから少しでも優秀な男子を優先してきたのです。今ごろ他の大学の担当者は『バレたらどうしよう?』とドキドキしてるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る