近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

習近平政権のバックアップで2019年はファーウェイイヤー

公開日:

 いま、北京へ来ている。もう立秋だというのに、こちらも連日、灼熱の39度。40度を超えると官庁もオフィスも「下班」(退社)となるため、いくら暑くても39度止まりなのだと、北京っ子たちは囁いている。何といっても、米トランプ政権から貿易戦争を開戦されて6日で1カ月。その悪影響が中国経済にボディーブローのように効いてきて、1日たりとも仕事を休んでいる場合ではないのだ。

 そんな中で先週来、こちらで久々の朗報となっているのが、ファーウェイの躍進だ。今年第2四半期(4~6月)のスマホ販売台数で、ついにアップルを追い越したのだ。具体的な世界シェアは、首位がサムスン7150万台(20.9%)、2位がファーウェイ5420万台(15.8%)、3位がアップル4130万台(12.1%)、4位がシャオミ3190万台(9.3%)、5位がOPPO2940万台(8.6%)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る