近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

習近平政権のバックアップで2019年はファーウェイイヤー

公開日: 更新日:

 いま、北京へ来ている。もう立秋だというのに、こちらも連日、灼熱の39度。40度を超えると官庁もオフィスも「下班」(退社)となるため、いくら暑くても39度止まりなのだと、北京っ子たちは囁いている。何といっても、米トランプ政権から貿易戦争を開戦されて6日で1カ月。その悪影響が中国経済にボディーブローのように効いてきて、1日たりとも仕事を休んでいる場合ではないのだ。

 そんな中で先週来、こちらで久々の朗報となっているのが、ファーウェイの躍進だ。今年第2四半期(4~6月)のスマホ販売台数で、ついにアップルを追い越したのだ。具体的な世界シェアは、首位がサムスン7150万台(20.9%)、2位がファーウェイ5420万台(15.8%)、3位がアップル4130万台(12.1%)、4位がシャオミ3190万台(9.3%)、5位がOPPO2940万台(8.6%)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る