WOWOW<上>加入者増も動画配信ビジネス台頭で経営は大揺れ

公開日:

 サッカーJリーグは、ヴィッセル神戸にイニエスタ、サガン鳥栖にトーレスという2人の元スペイン代表が加わったことで大いに盛り上がっている。

 この背景には、昨年、スポーツ動画配信の「DAZN(ダゾーン)」を運営するパフォームグループが、Jリーグの独占放映権を10年間2100億円で獲得したことがある。これによりリーグから各チームへの分配金が大幅に増え、選手獲得に大金を払いやすくなったのだ。

 一方、DAZNによって大きな被害を受けたのがCS放送の「スカパー!」だ。これまでJリーグ放送はスカパー!が独占していたが、DAZNにその権利を奪われた。その結果、スカパー!の加入件数は、2年間で20万以上減少した。

 DAZNだけではない。全世界で1億3000万人の加入者を誇る「ネットフリックス」や、「アマゾンプライム・ビデオ」などの動画配信も日本国内で着実に加入者を増やしている。また、「dTV」や「RakutenTV」など国産勢も攻勢を強める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る