真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

WOWOW<上>加入者増も動画配信ビジネス台頭で経営は大揺れ

公開日: 更新日:

 サッカーJリーグは、ヴィッセル神戸にイニエスタ、サガン鳥栖にトーレスという2人の元スペイン代表が加わったことで大いに盛り上がっている。

 この背景には、昨年、スポーツ動画配信の「DAZN(ダゾーン)」を運営するパフォームグループが、Jリーグの独占放映権を10年間2100億円で獲得したことがある。これによりリーグから各チームへの分配金が大幅に増え、選手獲得に大金を払いやすくなったのだ。

 一方、DAZNによって大きな被害を受けたのがCS放送の「スカパー!」だ。これまでJリーグ放送はスカパー!が独占していたが、DAZNにその権利を奪われた。その結果、スカパー!の加入件数は、2年間で20万以上減少した。

 DAZNだけではない。全世界で1億3000万人の加入者を誇る「ネットフリックス」や、「アマゾンプライム・ビデオ」などの動画配信も日本国内で着実に加入者を増やしている。また、「dTV」や「RakutenTV」など国産勢も攻勢を強める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る