近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

スマホ決済バトル勃発 “草刈り場”と化した日本市場の行方

公開日:

 LINE Pay対アリペイ。

 この秋、世界第3位の経済大国、1億2000万人市場の日本の「スマホ決済」を巡って、日中両雄による決戦の火ぶたが切られた。

「安倍首相が10月に訪中するこの秋が勝負」と見るアリババは5日、東京国際フォーラムで、1日がかりのビッグイベント「アリペイデー2018」を開催した。このイベントに合わせて、アリペイを運営するアントフィナンシャルの井賢棟(エリック・ジン)会長兼CEOが来日し、日本の経営者らを前に説いた。

「実は私、杭州に住んでいますが、今年に入って1元も、人民元紙幣やコインを使っていません。全部アリペイで生活が済んでしまうからです。いまに、日本人の生活も同様になりますよ。アリペイは昨年、600兆円を取り扱い、加盟店舗6000万店、27種類の通貨に対応しています。同時間に25・6万件の決済処理も難なくこなし、損失発生率は0・0001%以下。財布を落とす確率よりも低い。世界中、もうこのキャッシュレス決済への大きな流れは変えられないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る