近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

米中貿易戦争の“副産物” パクリ企業盛況がナスダック上場

公開日: 更新日:

 前回の続きで、北京リポート第2弾である。

 トランプ米大統領が中国との貿易戦争を宣言してから、はや5カ月。北京では、スタグフレーション(景気後退と物価上昇の同時発生)が起こっていた。景気悪化に伴い、銀行の貸し渋りが激しさを増し、「P2P」と呼ばれるネット消費者金融のバブルが崩壊した。「P2P」は、銀行から融資を受けられない中小企業や個人の受け皿になっていたが、1000社以上がドミノ倒しのように倒産していったのだ。これは、10年前にリーマン・ショックを引き起こしたサブプライムローンのようなもので、中国の金融当局は「中国発の金融恐慌」を恐れて、資本流出防止とインフラ投資拡大に躍起となっている。

 今回、北京で10人以上の金融関係者や企業経営者らと会ったが、皆一様に渋面だった。

 私自身、客が誰もいない中国銀行で、わずか1万円を両替するだけに、窓口でさまざまな「尋問」を受けて、30分近くもかかった。中国の貸し渋りの一端を見た思いがした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る