• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

深化する「一帯一路」…アフリカ国家元首らの健康情報独占

 チャイナフリカ!

 いままさに、北京がアフリカと化している。「中国アフリカ協力フォーラム北京サミット」が3、4日に開かれ、中国と国交のある53カ国の国家元首が、ズラリ勢揃いしたのだ。

 習近平国家主席は「運命共同体に関する北京宣言」と「北京行動計画2019―21年」を発表。基調演説で「中国とアフリカは運命共同体だ!」と力説した。

 今年上半期の中国とアフリカの貿易額は988億ドル(前年同期比17%増)に達し、日中貿易に追いついてきた。アフリカにとって、中国は9年連続で最大の貿易相手国である。何といってもアフリカ製品は中国では無関税なのだ。

 エチオピアに20階建てのアフリカ連合(AU)本部ビルを建てたのも中国なら、ケニアやナイジェリアの鉄道からエチオピアの高速道路まで、アフリカの多くのインフラ建設を担っているのも中国である。人口の6割が25歳未満というアフリカの若者たちが手にしているのは、中国メーカーのスマホだ。中国外交部の鐘建華アフリカ事務特別代表は以前、私にこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る