近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

深化する「一帯一路」…アフリカ国家元首らの健康情報独占

公開日:

 チャイナフリカ!

 いままさに、北京がアフリカと化している。「中国アフリカ協力フォーラム北京サミット」が3、4日に開かれ、中国と国交のある53カ国の国家元首が、ズラリ勢揃いしたのだ。

 習近平国家主席は「運命共同体に関する北京宣言」と「北京行動計画2019―21年」を発表。基調演説で「中国とアフリカは運命共同体だ!」と力説した。

 今年上半期の中国とアフリカの貿易額は988億ドル(前年同期比17%増)に達し、日中貿易に追いついてきた。アフリカにとって、中国は9年連続で最大の貿易相手国である。何といってもアフリカ製品は中国では無関税なのだ。

 エチオピアに20階建てのアフリカ連合(AU)本部ビルを建てたのも中国なら、ケニアやナイジェリアの鉄道からエチオピアの高速道路まで、アフリカの多くのインフラ建設を担っているのも中国である。人口の6割が25歳未満というアフリカの若者たちが手にしているのは、中国メーカーのスマホだ。中国外交部の鐘建華アフリカ事務特別代表は以前、私にこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る