近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

スタバを凌駕 「Luckin Coffee」味&サービス良しで急拡大

公開日: 更新日:

 北京リポートの第3弾は、「スタバのライバル」として、いま中国国内で破竹の勢いで拡大中の「Luckin Coffee」(瑞幸珈琲)である。

 中国の最新のサービス業に共通しているのが、「先山寨後超過」(まずマネして後で追い越す)というビジネスモデルである。この例にならえば、今年5月8日に正式営業を開始したLuckin Coffeeは、まさにスタバのマネだ。だが、実際に店に行ってみて分かったが、スタバを完全に超えていた!

 足を運んだのは、朝陽区にある北京で27店目の店舗。鹿のマークのロゴをちりばめたモダンな店内には、メニュー表が掲げられていない。スタバと基本的なコーヒーの味を比べようと思って、「Alex」という名札を付けた中国人店員に、「美式珈琲」(中国ではブラックコーヒーを「美国式珈琲=米国式コーヒー」と呼ぶ)を頼んだら、「21元(約340円)です」という。スタバより1元だけ安い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る