溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

公開日: 更新日:

 今年10月、6代目山口組・高山清司若頭が刑期満了で府中刑務所を出所する予定だが、早くも再逮捕という情報が流れている。警察庁は絶対、彼をシャバに戻さない、山口組の運営にタッチさせないというのだ。

 警察に詳しい東京の事業家が語る。

「来年の東京オリンピックでは海外マフィアやテログループの日本潜入を当然、警戒しなければならない。そういうときに高山が若頭に復帰して、山口組を仕切るのは剣呑すぎる。高山が出所すれば、山口組の分裂・対立を激化させ、治安をさらに不安定化させる。それが海外勢のつけ込む隙になるのだ。高山に比べれば、まだしも篠田建市(司忍)が組長を続けた方が安心できる。かつて警察庁の安藤隆春長官が言った『弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化なし』の弘道会は司でなく、高山が仕切る弘道会のことだ。高山が警察を恫喝し、尾行し、探偵を使い、警察を敗訴させるなど、過激派じみた手を使った。警察はメンツにかけて高山の組長就任を認めたくない。そのためには脊椎という高山の持病を材料にすることさえ検討している。そうなれば、昔の山本健一(初代山健組組長、若頭)同様、獄死同然の死になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る