溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

公開日: 更新日:

 今、ヤクザが大阪・ミナミの飲食店で用心棒代やみかじめを出せと店の者に直接迫れば、現役ヤクザであるかぎり、即アウト、逮捕に結びつく。これは山口組のどの派に属していようと変わらない。

 で、ミナミはどこも睨みを利かさない真空地帯になる。真空ならば、その真空を埋めようと次の勢力が入り込む。みかじめの徴収で簡単にカネになるなら、反社組織は黙って見過ごさない。

 今、入り込んでいる勢力は半グレであり、それも府下最大勢力の「アビス」である。「アビス」は総勢120人とされ、これに対抗できる勢力はヤクザ界、半グレ界にない。

 12日までに大阪府警南署はアビスのメンバー計55人を一挙に傷害容疑などで逮捕、書類送検した。リーダー格の男が20歳というから、いかに大阪の半グレが若いか、如実に示している。実態はむしろ「青少年不良団」に近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る