溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

公開日:

 今、ヤクザが大阪・ミナミの飲食店で用心棒代やみかじめを出せと店の者に直接迫れば、現役ヤクザであるかぎり、即アウト、逮捕に結びつく。これは山口組のどの派に属していようと変わらない。

 で、ミナミはどこも睨みを利かさない真空地帯になる。真空ならば、その真空を埋めようと次の勢力が入り込む。みかじめの徴収で簡単にカネになるなら、反社組織は黙って見過ごさない。

 今、入り込んでいる勢力は半グレであり、それも府下最大勢力の「アビス」である。「アビス」は総勢120人とされ、これに対抗できる勢力はヤクザ界、半グレ界にない。

 12日までに大阪府警南署はアビスのメンバー計55人を一挙に傷害容疑などで逮捕、書類送検した。リーダー格の男が20歳というから、いかに大阪の半グレが若いか、如実に示している。実態はむしろ「青少年不良団」に近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る