露骨な新元号、新天皇の政治利用「令和」幕開けの異様<上>

公開日: 更新日:

正午に「首相談話」、ほぼ全局が生中継という異様な時代の幕開け

 どうして、この男がしゃしゃり出てくるのか。
 1日発表された「新元号」。「昭和」から「平成」に変わった時は、小渕官房長官が「平成」の墨書を掲げ、竹下首相の談話も代読した。今回もそれで十分だったはずだ。

 ところが、午前11時40分に菅官房長官が新元号を発表した後、わざわざ安倍首相が正午すぎに記者会見を開き、新時代の幕開けを告げる新元号への考え方や国民へのメッセージを発表した。

 さすがに、多くの国民は違和感と嫌悪感を覚えたに違いない。前例を踏襲し、官房長官に任せればいい話なのに、「手柄は誰にも渡さない」「晴れ舞台の主役は俺がやる」という、さもしい心根が透けて見えるからだ。

 小渕長官が「平成おじさん」と呼ばれて一躍有名になり歴史に名前を残したこともあって、政界では2月以降「安倍首相が自分で新元号の発表をしたがっているらしい」「いや、さすがに露骨すぎるだろう」という話が飛びかっていたが、結局、臆面もなく発表した形だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る