適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。早大で西洋文学を学び、ニーチェを専攻。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体」など著書多数。近著に「もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告」。

巧妙に仕組まれたドラマ並みにねじれていた大阪W選の構図

公開日: 更新日:

 ここのところネットでまとめて動画を見る機会があった。「トリック」というテレビドラマシリーズは、主人公が超能力者や霊能者のインチキを見破っていくという話だが、ロジカルにトリックを指摘するという体裁になっているので、ストーリーの細かい破綻が目立つ。それで見ているのがしんどくなり、第4話あたりでやめてしまった。

 一方、「民王」は総理大臣の父親とバカ息子の頭の中が陰謀により入れ替わってしまうというドラマで、とても面白いので一気に見た。最初から設定がぶっとんでいるので、物語が破綻することはない。荒唐無稽な話にツッコミを入れるほうがおかしい。

 大阪のダブル選挙で発生していたことはこれではないか?

 大阪市の解体を当の大阪市民に選択させる。「都構想反対派はデマを流している」と言いながら、「大阪市はなくならない」とデマを流す。しまいにはデマサイトのデマを候補者がツイッターで拡散させる。最初の時点からして設定がぶっとんでいるので、ツッコミも機能しない。確信犯的に嘘をついている連中に「嘘だ」と指摘しても「だからどうした」と言われるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る