適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。早大で西洋文学を学び、ニーチェを専攻。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体」など著書多数。近著に「もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告」。

現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

公開日: 更新日:

 新元号の発表は4月1日、切り替わるのは5月1日である。それに合わせて、「新元号を予測する」といった記事が巷にあふれている。これまでなら「不敬」とされていたが、今回は生前譲位なので構わないとメディアも抑制がきかなくなっている。

 安倍晋三の「安」という字が入るとの予測も広がった。さすがにありえないとは思うが、今の政権ならやりかねないという空気もある。某水族館はアシカに安久という元号を筆で書かせ、その映像をNHKが垂れ流していた。

 安倍が「元号の出典は日本で書かれた書物がいい」と周辺に話しているとの報道もあった。日本初の元号とされる大化(645年)から平成までの247の元号のうち、出典が明らかになっている77のすべては中国の古典(漢籍)からの引用である。明治、大正は「周易」(易経)、昭和は「書経」だ。こうした1400年近い伝統を投げ捨て、「日本で書かれた書物」から引用するという話が突然出てきたのはなぜか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る