我慢も限界?北朝鮮の「飛翔体」発射にトランプ不快感露わ

公開日: 更新日:

 トランプ大統領は9日、北朝鮮による飛翔体発射について、「より小さなミサイルで、短距離ミサイルだった」と指摘した上で、「(発射は)誰もうれしくない」と不快感を示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 その上で「北朝鮮が交渉したいということは知っているが、彼らは交渉の準備ができていない」と述べ、早期の米朝協議再開に否定的な考えを明らかにした。

 一方、10日の東京新聞によると、米政府は、北朝鮮が4日に発射した飛翔体に関し、国連安全保障理事会決議に反する「弾道ミサイル」だったとの見解を日本側に伝えていたという。公表した場合、トランプが継続に意欲を見せている米朝交渉の土台を壊しかねないため、発表を留保する考えも伝えていた。トランプの我慢もそろそろ限界に近づいてきたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る