東京福祉大は1610人が所在不明 消えた外国人留学生の行方

公開日: 更新日:

 東京福祉大(本部・池袋)の外国人留学生が所在不明になっている問題で、文部科学省と出入国在留管理庁は先日、不明留学生はベトナムやネパール人など計1610人(2016~18年度)と発表した。

 留学生が不明になる事件は、01年の山形県の酒田短大の例が有名だ。中国人留学生を大量に入学させるも、大半が首都圏で働いていた。02年の萩国際大学(山口県)は中国人留学生が風俗店などで不法就労していた。

 実際、法務省の統計でも、17年に在留資格を取り消された385人のうち、4割以上の172人が元留学生。裏ルートで偽造在留カードを購入し、不法就労をするわけだが、彼らはどこで仕事をしているのか。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう言う。

「留学生や元留学生の働き先として多いのは、ホテルの清掃員やクリーニング業者です。日本語が話せなくても仕事が成り立つためです。都心のホテルなどは外国人観光客の増加で、人手不足に悩んでいますから、受け入れ先として重宝されるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  10. 10

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

もっと見る