堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

民主党の出馬表明はナント733人! 主要候補だけで20人前後

公開日: 更新日:

 民主党の有力候補の顔ぶれを眺めると、前述したバイデンを筆頭に次のような候補が並ぶ(支持率順)。

・ジョー・バイデン前副大統領(76)31%
・バーニー・サンダース上院議員(77)18%
・エリザベス・ウォーレン上院議員(69)13%
・カマラ・ハリス上院議員(54)8%
・ピート・ブティジェッジ・サウスベンド市長(37)7%
・ベト・オルーク前下院議員(46)6%

 現時点ではこの中からトランプと一騎打ちをする人物が選ばれるかに思える。

 今回の民主党候補の特色を一言でいうと、バイデン以外は「急進左派の集まり」ということだ。環境政策、教育政策、税制などでハンドルを左に大きく切っている。そのため、サンダースに代表される社会主義的な政策を行き過ぎと感じた民主党員が、穏健派のバイデンを支持しているのがいまのバイデン人気の背景にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る