評論家が指摘 F35A墜落原因「飛行士操縦ミス」の怪しさ

公開日: 更新日:

 4月に青森県沖で墜落した空自三沢基地の米国製最新鋭ステルス戦闘機F35A。パイロットは死亡し、原因特定に不可欠な飛行データの記録は見つかっていない。それなのに防衛省は10日、機体異常ではなく「空間識失調」に陥ったパイロットの操縦ミスの可能性が高いと発表した。

 パイロットの教育・訓練、機体の点検を徹底し、見合わせていた同型12機の飛行を近く再開させる。

「水平線が見えない夜間や雲の中を飛行する時にパイロットがよく陥るのが空間識失調です。平衡感覚を失い、機体の向きや高度を正しく認識できなくなる。夜空の星だと思ったら、海上の船の光だったみたいな感じです」(軍事ジャーナリスト・世良光弘氏)

 岩屋毅防衛相は「月明かりがない夜間で、空間識失調に陥りやすい状況だった可能性が高い」と説明したが、F35Aは米国が誇る最先端の戦闘機だ。月明かりがないと墜落するような、ショボいステルス機なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る