2人は日本を標的にする5454諜報部隊の「木蘭花組」に従事

公開日: 更新日:

【ケース③】埼玉・佐々木悦子さん(27)【ケース④】山梨・山本美保さん(20)

 平壌駅から東へ約6キロ。日本を攻撃目標とした諜報活動を主な任務とする「5454部隊」が置かれている。高さ5メートルのコンクリート壁に囲まれた敷地は8平方キロに広がる。内部には落下傘訓練用の鉄塔のほか、商店、畑や小川もある。正門横の本庁舎2階には日本から飛んでくる電波(テレビ・ラジオを含む)を傍受する通信局が設置され、佐々木悦子さん(失踪当時27)、山本美保さん(同20)ら拉致被害者が通信傍受や翻訳作業に従事している。

 佐々木さんが埼玉県浦和市で姿を消したのは1991年4月22日。銀行でパートをしていた佐々木さんは普段通りに自宅を出たが、実はこの日は職場に休暇届を出していた。

 同僚には「誰かから電話があったら、席を外していると言って」と頼んでいる。知人におびき出されたのは明らかだ。

 3年後の94年7月、5454部隊の通信局で佐々木さんを目撃したのが脱北者のK氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  5. 5

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る