【沖縄】“オール沖縄”高良鉄美に不安 追いすがる安里繁信

公開日: 更新日:

【沖縄】(改選数1)

  安里 繁信49自新
〇○高良 鉄美65無新

 野党統一候補は、沖縄社会大衆党で現職の糸数慶子(71)の後継となる琉球大法科大学院名誉教授の高良。自民は公明、日本維新の会からも推薦を受けるシンバホールディングス会長の安里だ。この2人の事実上の一騎打ちは、「オール沖縄」候補の高良が昨年の県知事選勝利の勢いに乗り、優勢とみられているが、不安要素もある。

「憲法学者の高良氏はタマは悪くないのですが、玉城知事と違って話が硬く、若者受けがイマイチなのです。対する安里氏は数年前、地元テレビ局の深夜番組にレギュラー出演した経験があり、名前と顔が売れている。組織票に頼らず、無党派層の取り込みを優先しています」(県政関係者)

 米軍基地新設を強引に進める安倍政権に鉄槌を下すためにも、高良は負けられない。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る