【福島】元大臣のテングの鼻をへし折る無名の野党統一候補

公開日: 更新日:

【福島】(改選数1)

▲▲森  雅子54自現
△△水野さち子57無新

 3年前に現職大臣の岩城光英が敗れた自民。今回も大臣経験者の森が野党統一候補の無名の新人に大苦戦だ。毎週末に主要市で総決起集会を開き、組織の引き締めを図るが、県連の熱は低い。

「森さんは陳情を必ず政府に通してくれますが、我が強くて聞く耳を持たない。パーティーの時しか地元に帰らず、身銭も切らない。経験を積まずに大臣になり、テングになったのかなあ。県連からも嫌われ、一部で森さんを比例区に回し、元職の岩城さんを選挙区から出すよう党本部に要請する動きもあったほどです」(地元記者)

 ドン小西氏に「浮世離れ」と酷評された派手な服装を控え、スポーティーな姿でアピールするのは2期12年の経験。県内には「政策なし! 実績なし!」と水野を揶揄する差出人不明のチラシがバラまかれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る