立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

公開日: 更新日:

 参議院選挙が終わった。多くのものが負けた選挙だったという印象だ。まず投票率の低さは有権者の負けであり、政治の負けであり、日本の民主主義の負けと言えるだろう。1人区の状況を見れば野党共闘は負けだろうし、議席を減らした自民党も負けだろう。しかし、そうした「負け」の中でも最も顕著な負けは、「事実」だろう。事実が敗北した選挙だった。

 この選挙でも政治家の発言などについて事実を確認するファクトチェックが行われた。私は学生や主婦の方とともに党首の発言などを確認した。そして、「大阪では高校私学から幼稚園、保育園の無償化を実現している」という、日本維新の会松井一郎代表の主張について「不正確」と指摘した。調べてみると、高校については所得制限付きながら主張通り無償化は実現していたが、幼稚園、保育園については完全に近い形で無償化をしている市町村は全体の20%に満たなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る