景気後退の懸念強まり…世界同時株安で東証249円安

公開日: 更新日:

 NYダウの暴落を受け、15日の東京市場は大幅安で始まった。日経平均の寄り付きは、前日比330円88銭安の2万324円25銭だった。午前9時すぎに下げ幅は400円を超えた。市場からは、「2万円の攻防がしばらく続くことになる」(証券アナリスト)という見方が聞かれる。

 14日のNYダウは世界的な景気後退の懸念が強まったことで前日比800.49ドル安の2万5479.42ドルで終了。1日の下げ幅としては今年最大だ。

 世界同時株安の直接の引き金は、NY債券市場で米10年債の利回りが2年債を下回る「長短金利の逆転現象(逆イールド)」が起きたこと。景気後退の予兆とされる出来事で、約12年ぶりとなる。

 さらに中国の7月鉱工業生産が17年5カ月ぶりの低水準だったことや、ドイツの4~6月期実質GDPが3四半期ぶりにマイナス成長に落ち込んだことも投資家心理を冷え込ませた。

 日経平均の終値は同249円48銭安の2万405円65銭で引けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る