日本政府が“要請” 空母「いずも」最初に使うのは米軍機

公開日: 更新日:

 空母に改修される海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」の運用をめぐり、日本政府が今年3月、来日した米海兵隊トップのネラー総司令官(当時)に対し、米軍機が最初に使用するとの見通しを伝えていたことが分かった。

 21日の朝日新聞が報じた。

 ネラー氏は安倍首相を表敬訪問した後、岩屋防衛相らとも懇談。

 その中で日本側が護衛艦「いずも」を2020年度に、「かが」を22年度に空母化する計画を説明した。

 その際に日本側は、短距離で離陸し垂直着陸ができる戦闘機F35Bの配備は早くても24年度以降になるため、「改修後の護衛艦の甲板で発着艦する最初の戦闘機は米軍のF35Bになるだろう。協力と助言をお願いする」と伝えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る