トランプ大統領 イランに核兵器使用“ゴーサイン”の可能性

公開日: 更新日:

「現在は核戦争のリスクが第2次世界大戦後で最も高くなっている」――。今年5月、国連軍縮研究所(UNIDIR)のレナタ・ドワン所長がこう警告していたが、どうやら現実味を帯びてきたらしい。米軍が先月まとめたと報じられた、核兵器使用を想定した新指針のことだ。新指針は米軍統合参謀本部が6月11日付でまとめた文書「核作戦」。核戦力を通常戦力の延長線上に位置付け、〈核使用は戦闘領域を根本から変え、司令官が紛争でどう勝利するかを左右する状況をつくり出す〉などと解説。核爆発後の被曝の恐れがある環境下でも地上戦をどう継続するかなどの課題についても触れられているという。

 この新指針が恐ろしいのは、取りまとめを指示しているのがトランプ政権だということだ。

 トランプは大統領選の時から「なぜ使わない核兵器を持っているのか」などと、それまでの戦略兵器としての核抑止論を否定。トランプ政権発足後の2017年11月には、上院外交関係委で「大統領の核兵器使用権限に関する公聴会」が開かれた。米議会が「大統領の核兵器使用権限」について議論したのは41年ぶりで、それだけトランプの核使用に対する危機意識が高まった表れ――などと報じられた。翌18年2月、トランプ政権は核戦略の指針「核態勢見直し(NPR)」を発表。歴代政権の核兵器削減や使用回避を優先させる方針を大幅に転換し、爆発力を小さく、機動性を高めた「使いやすい」新型核兵器の導入を明記した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る