室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

長崎県平戸市長の黒田さんのイチャモンは「ネトウヨ仕草」

公開日: 更新日:

『室井佑月さん「メディアの仕事は権力の監視や批判でしょ。でも、今それすると『左』といわれる」権力の監視や批判は大いに結構。ただそれを事実に基づかず左翼の都合のいいように報道するから「左」と指摘されているだけのこと。』(黒田成彦・長崎県平戸市長)

 これは8月31日の黒田長崎県平戸市長のTwitterでの言葉。あたしの写真付きのネット記事をアップして。

 あたしがTwitterに上げた言葉が記事になり、それに反応したわけさ。まあ、あたしはどういわれようがメディアの人間、権力の監視や批判をしていく、そう書いた言葉に間違いはない。

 で、長崎県平戸市長の黒田さん、あたしの書いたもののどこのどれが、事実に基づかない左翼の都合のいい報道なのですかね? 長崎県平戸市長の黒田さん、こういうイチャモン「ネトウヨ仕草」っていうんですって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る