政界に飛び火 原発マネー“還流”で関電が挙げた議員の名前

公開日: 更新日:

 アイビックスの吉田社長はオーイングの取締役も務めている。森山氏は安倍首相のお気に入りの稲田氏と深い関係にあるのか。

 稲田事務所によれば、吉田社長は、稲田氏の初当選後の早い時期から14年8月まで後援会連合会長を務めたという。稲田事務所に森山氏との面識などについても聞いたが、「出張中で分かる者がいない」ということだった。

「森山氏は生前『カネは渡すもんやない。投げ込むもんや』と周囲に話すほど強引ではある。だから、関電関係者は『我々は被害者だ』との意識が強い。行政や政治家にも責任があることをアピールし、自らの責任を薄めたい。だから報告書に『県庁』『国会議員』などと記載したのだろう」(福井県政関係者)

 政界への“飛び火”に今ごろ、安倍官邸は激怒しているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  8. 8

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  9. 9

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る