立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

もう始まっている情報戦争 緊迫する香港情勢は明日の台湾

公開日: 更新日:

 緊迫する香港情勢を我が身のように思っているのは間違いなく台湾だ。香港で議論となっている一国二制度とは、そもそも中国が台湾に対して言い出した制度だからだ。その制度が危機的な状況にある中、台湾にとって、それは「今そこにある危機」ということだ。では、台湾の今後についてどう考えたらいいのだろうか? 台湾を代表するジャーナリストで、台湾良質報道協会で理事長を務める胡元輝氏は次のように話した。

「台湾にとって大事なことは民主主義を守ることです。台湾が民主主義を守れば、外からの攻撃に耐えることはできますし、外から容易に手を出すことはできないでしょう。台湾で民主主義が実現してまだ時間は経っていませんが、台湾の人々は民主主義の重要さを強く認識しています。だから私は悲観しません」

 そして付け加えた。

「台湾は昔から日本に親近感を持っています。日本の人に、今台湾が置かれている厳しい状況を知ってもらえればと思います」

※コラムへの感想や意見は以下のアドレスへ。
 tateiwa@seedsfornews.com

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る