立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

トランプ政権直撃のウクライナ疑惑 何が問題の核心なのか

公開日: 更新日:

「この文書の公開は大統領の指示による。2019年9月24日」

 その下に、「ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談」と書かれている。これが今、トランプ政権を直撃しているウクライナ疑惑の根幹となっている会談の記録だ。 それによると、最初は選挙での勝利を祝うトランプ大統領の言葉で始まっている。そしてアメリカ、つまりトランプ政権がいかにウクライナに良くしているかを強調する。

アンゲラ・メルケルと話した時、彼女はウクライナのことを語ったが、彼女は何もしない。欧州各国はみな同じだ。そこをしっかりと見て欲しい」

 そして続ける。

「しかしアメリカはウクライナに対して常に良くしている」

 そして問題の箇所だ。これは、「頼まれて欲しいことがある」と言って続けた言葉として出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る