井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

香港の抗議デモ 事態を日本の若者はどう思っているんだ?

公開日: 更新日:

 何回でも書きたい。香港の若者たちの抗議デモはまだ続いている。もう3カ月。こうなりゃ、とことん闘ってくれと祈るほかない。

 中国の独裁政府の圧力と板挟みになってストレスがたまりまくってそうな顔つきのあの香港行政長官のおばはんが、4日にやっと「逃亡犯条例」の撤回を表明したのに、まだ市民たちは引かない。納得いかないのは当然だろう。暴動だなんて決めつけられてたまるか。暴動に参加したと記録されて、将来の就活にまで仕打ちをされてはたまったもんじゃないぞ。でも、本人たちはそれが一番、心配だろうな。そんなことされたなら、もう祖国香港から出ていかなければならないかもしれない。それが一番つらくて悲しくて恐ろしい。まだ逮捕された人たちも釈放されていない。だから闘っているんだ。自殺者が何人出ようと闘う。全体主義に立ち向かい、「自由」のために生きることがここまで根性と信念がいるのか、まざまざと思い知らされている。市民の要求通り、行政長官の普通選挙もちゃんと実現させてやって欲しい。普通に選挙が出来ないなんてあり得ないぞ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る