適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

書評の信頼性に泥を塗った新潮社の「ヨイショ感想文」騒動

公開日: 更新日:

 元ラノベ作家で現在は無職の百田尚樹さん(63)が巷で話題になっている。

 百田さんが現役時代に出した著書が相当数売れ残っているのか、新潮社がツイッター上で「ヨイショ感想文求む」というキャンペーンを開始。「百田先生を気持ちよくさせた20名の方に、ネットで使える1万円分の図書カードを贈呈」とあり、アイコンには上半身裸で金粉が塗られた百田さんの画像が使われていた。

 これに対し「気持ち悪い」と非難が殺到。新潮社は謝罪し、企画は中止になった。

 私は百田さんの現役時代の言論には否定的だったが、今回の件で彼を批判するのはおかしいと思う。そもそも百田さんは下品が売り物のライターであり、下種に対して下種と言っても仕方がない。

 問題は新潮社だ。安倍のヨイショライターをヨイショするという企画もグロテスクだが、これは高評価のレビューをカネで買うのと同じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る