ペルシャ文学者が見たイラン訪問「外交には文化が必要」

公開日: 更新日:

岡田恵美子さん(ペルシャ文学者、元東京外国語大教授)

 トランプ米大統領が昨年5月にイラン核合意から離脱して以降、両国間の緊張が続いている。今年6月には安倍首相がイランを訪問、最高指導者ハメネイ師とも会談したものの仲介者としての役割は心もとなかった。孤立化するイランとどう向き合うべきか。日本にできることは――。半世紀以上にわたってイランとの交流を続けているペルシャ文学研究の第一人者、岡田恵美子さんは「イランは言葉と文化を大事にする国。外交の土台は文化です」と助言する。

  ◇  ◇  ◇

 ――イランに関する最近の報道を見て感じることは?

 イランは若い人がとても政治的なんです。男性でも女性でも政治への関心が非常に高い。これは国にとって一番の力になっています。米国はイランを怖がっているのでしょう。若い人が政治的で力がある。もちろん地下資源も持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る