山田英生
著者のコラム一覧
山田英生ライター・編集者

1968年生まれ。夕刊紙、週刊誌の記者を経て、フリーに。現在、週刊誌「アサヒ芸能」を中心に暴力団ものを取材、執筆。共著に「『暴力団壊滅』論 ヤクザ排除社会の行方」(筑摩書房)

抗争の行方占う髙山若頭 徹底した「信賞必罰と情報統制」

公開日: 更新日:

 3分裂して抗争を続ける山口組は7日、6府県から初の「特定抗争指定暴力団」に指定される。組織として事実上の活動休止を余儀なくされる。

 そうした中、足かけ6年にわたる抗争の行方を占うキーマンとされるのが髙山清司若頭だ。

 2019年10月18日、5年3カ月ぶりに府中刑務所を出所する前後には、神戸と尼崎で神戸山口組系組員2人、直系組長1人への殺害事件が起きるなど、“指揮官”の帰還に6代目山口組の戦意はにわかに高揚しているかにみえる。

 当局をして「髙山若頭が服役しなければ分裂は起きなかった」と言わしめ、分裂下の風景を一変させた髙山若頭とは一体どんな人物なのか。

 その辣腕ぶりの一端がうかがわれる“事件”が年の瀬に起きている。6代目山口組のある直系組長が「情報漏洩」を理由に執行部から謹慎処分を受けたのだ。事情通が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る