山田英生
著者のコラム一覧
山田英生ライター・編集者

1968年生まれ。夕刊紙、週刊誌の記者を経て、フリーに。現在、週刊誌「アサヒ芸能」を中心に暴力団ものを取材、執筆。共著に「『暴力団壊滅』論 ヤクザ排除社会の行方」(筑摩書房)

抗争の行方占う髙山若頭 徹底した「信賞必罰と情報統制」

公開日: 更新日:

 3分裂して抗争を続ける山口組は7日、6府県から初の「特定抗争指定暴力団」に指定される。組織として事実上の活動休止を余儀なくされる。

 そうした中、足かけ6年にわたる抗争の行方を占うキーマンとされるのが髙山清司若頭だ。

 2019年10月18日、5年3カ月ぶりに府中刑務所を出所する前後には、神戸と尼崎で神戸山口組系組員2人、直系組長1人への殺害事件が起きるなど、“指揮官”の帰還に6代目山口組の戦意はにわかに高揚しているかにみえる。

 当局をして「髙山若頭が服役しなければ分裂は起きなかった」と言わしめ、分裂下の風景を一変させた髙山若頭とは一体どんな人物なのか。

 その辣腕ぶりの一端がうかがわれる“事件”が年の瀬に起きている。6代目山口組のある直系組長が「情報漏洩」を理由に執行部から謹慎処分を受けたのだ。事情通が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る