カジノ疑惑で下地氏が現金受領…維新「生みの親」に火の粉

公開日: 更新日:

 日本でのカジノ参入を巡って、「日本維新の会」の下地幹郎元郵政民営化担当相が6日、贈賄の疑いを持たれている中国企業「500ドットコム」からの現金受領を認めた。

 衆院選中の2017年10月中旬、職員が沖縄事務所でドットコム社の元顧問・紺野昌彦容疑者から現金100万円を受領。領収書を発行しようとしたが受け取りを固辞され、結局、領収書は発行せず収支報告書にも記載しなかったという。

 紺野容疑者はカジノ参入への便宜を期待したのだろう。下地氏は「自分はそのような立場にない」と否定したが、当時はカジノ推進派からなる超党派のカジノ議連副会長。14年の沖縄県知事選出馬の際も、「県民が納得できるものであれば(カジノを)誘致して沖縄の経済活性化に貢献させたい」と前向きだった。

 そもそも現金受領のタイミングは、安倍首相の「国難突破」解散のせいで、同年の臨時国会に提出予定だった「カジノ実施法案」が棚上げされた時期と重なる。ドットコム社が「カジノ実施をお願いします」とばかりに“裏金”を持参しても不思議ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る