室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

公開日: 更新日:

「そういう市井の方々のなかにもですね、それぞれ地域でがんばっておられる方々たくさんいますから」(安倍晋三首相)

 これは15日の夜、「桜を見る会」について、安倍首相が官邸で記者団に語った言葉。山口県の自分の後援会関係者をバス17台分、850人も呼んだことに対して。

 記者団には10分前に連絡してきたんだと。そんなきゅうに話すといわれても、夜の官邸にいるのは若い記者だけ。首相の話に突っ込んだ質問をできるベテランはいない。つまりそこを狙ったわけよ。若手記者の前で一方的に話してしまおう、それで説明責任を果たしたことにしよう、と。

 どこまでも卑怯な人だ。20分の立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか? やましいところがないのなら、ちゃんと国会で集中審議に応じりゃいいだろ。

 話の中身も卑怯だった。夕食会(前夜祭)の参加費、5千円は安すぎるのではないかという疑惑について、「ホテル側が設定した価格であるとの報告を受けております」とホテルのせいにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る