安倍政権やるやる詐欺 布製マスク1人1枚配布のドッチラケ

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染者は東京都だけで100人を突破した。終息は、まったく見通せない状態だ。マスクの極度の品薄も相変わらず。政府は増産アピールを繰り返すが、実際は打つ手なし。布製マスク全員配布の弥縫策でしのぐ構えだという。アナクロ無策政権に「国難突破」はやっぱり無理だ。

  ◇  ◇  ◇

 厚労省は18日までに国保有のマスク約250万枚を医療機関などへ配布。緊急対策第2弾に盛り込まれた措置の一環だ。加藤厚労相は「医療現場からも大変差し迫った話を聞いた。必要物資が不足しているとの声にしっかり対応したい」とし、製造販売業者などから確保する1500万枚も来週以降に順次配布する方針だという。

 一方、経産省はマスク増産の設備投資を決めたシャープの申請など8件の計画に対し、補助金交付を決定。菅官房長官は17日の会見で、「週1億枚以上供給できる見通し」「3月中には増産や中国はじめ諸外国からの輸入回復などを進め、6億枚の調達を超える。来月はさらに上積みを予定している」などと説明したが、うのみにはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る