政府要人も次々コロナ感染 服役囚5万4000人釈放の異常事態

公開日: 更新日:

イラン編

 WHOのテドロス事務局長は2日、新型コロナウイルスの感染が広がっている韓国、イタリア、イラン、日本についての懸念を述べた。

 4カ国の中でイランの感染は特に深刻だ。感染者は2500人に達し、77人が死亡。致死率は中国より高く世界最悪だ。国会議員290人のうち23人の感染が確認された。

 最も衝撃的だったのが、最高指導者ハメネイ師の諮問機関議長を務めるミルモハマディ氏の感染死だ。ハメネイ師の最側近として常にそばにいた人物の死にイラン国内は騒然となったが、幸いハメネイ師は感染しておらず、元気な姿を見せている。

 さらには「シスターメアリー」の愛称で知られる女性副大統領のエブテカール氏の感染も判明。彼女は感染が分かった前日にロウハニ大統領のすぐそばに座っていた。

 事態を重く見たイラン政府は世界をあっと言わせる決断を下した。なんと「刑務所に服役中の囚人5万4000人を一斉に釈放する」と発表したのだ。狭い刑務所で蔓延させないためだ。刑期が5年以上の重犯罪者は含まれないが、コロナ特例恩赦といえるだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に