コロナ禍で統治機構にガタが…デタラメがまかり通る世界に

公開日: 更新日:

 パンデミックで、世界は混乱している。こんな時必要なのは、政府や公的組織や、専門家たちの手堅い情報と判断力である。ここに嘘やデタラメ、策略があってはいけない。

 ところが、コロナに関する限り、人類がかつて遭遇したことのない新種ということもあり、各界の権威たちの言動がしどろもどろである。こんな混乱はかつてなかった。

 政治家たちは対応策も思いつかず、嘘とデタラメで時をやり過ごそうとしている。

 米大統領が典型である。最初は「インフルエンザより軽い」とか「消毒液を注射したら」とか軽口をたたいていた。ところが、米国の感染者数が断トツになると、「中国が元凶」と因縁をつけ始め、IT貿易問題とごっちゃの煙幕作戦に持ち込んだ。

 ウォーターゲート事件で不正を暴き、ニクソン大統領を退陣に追い込んだ有名記者が、新著「RAGE」で、再び米大統領を窮地に追い込んでいる。2月時点のインタビューで、トランプは言明していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る