溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組分裂抗争「コップの中の嵐」化に見る生きざまの違い

公開日: 更新日:

 山口組分裂抗争は微視的にみれば、6代目山口組の優勢が確立した。対立する神戸山口組は山健組の分裂で、今後組織として機能できるかさえ怪しい。絆会はすでに山口組の看板を外し、半ば脱反社路線に踏み出している。

 3派はそれぞれ組員数を減らしている。分裂抗争を社会的な影響度でみるなら、かつての山一抗争とは違い、「コップの中の嵐」化は否めない。どの派にとっても勝利なき消耗戦である。

 しかし、そういう分裂抗争ではあっても、「男の生きざま」が垣間見える場面がある。かつて山口組4代目竹中正久は自分の生き方を問われて「そりゃ、男として死にたいわ」と答えた。本来、ヤクザにとって「男の生きざま」は重要な徳目だったはずだ。

 絆会を例に取ろう。

 同会の池田幸治元若頭(尼崎、真鍋組組長)は絆会の中で解散推進派だったが、7月14日、絆会は正式に解散を撤回した。8月11日に絆会は新人事を発表し、池田若頭は引退して真鍋組を解散、脱反社路線の実現としてカタギになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る