米大統領選で内戦勃発?双方支持者「武装」という異常事態

公開日: 更新日:

 3日の大統領選を前に米国民は「内戦」の恐怖におびえている――。

 米サフォーク大の調査によると、国民の75%が「内戦を非常に危惧している」と回答しているというのだ。ジョージタウン大の調査では内戦を危惧している人は過半数で、彼らが考える内戦勃発の可能性は平均で67%と約7割に及んでいる。

 トランプ大統領を支持する極右武装勢力(ミリシア)は自派の集会で軍隊さながらの重装備で大型銃を構え、バイデン前副大統領を支持する民主党側もミリシアを警戒して武装している。まるで19世紀の南北戦争だ。

 国際政治経済学者の浜田和幸氏は「米国はすでに内戦に突入している」と言う。先月末、テキサス州オースティンでトランプの熱狂的信者の「プラウドボーイズ」がバイデンの車列に妨害を加え、移動用バスの一部を破壊した。バイデン支持を訴える立て看板をブルドーザーで破壊しているミリシアもいるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る