学術会議問題の“黒幕”杉田副長官 卒アルに「俺は秀才」

公開日: 更新日:

 菅首相の答弁が二転三転した「日本学術会議」の会員候補6人の任命拒否問題は、杉田和博官房副長官(79)が“下手人”だった疑いが高まった。

 杉田副長官の国会招致を求める野党側に対し、与党側は応じない姿勢を崩していないが、それにしても政府・与党はなぜ、頑なに杉田副長官をかばい続けるのか分からない。

 警察庁出身の杉田副長官が官邸に初めて入ったのは、1983年に後藤田正晴元官房長官の秘書官事務取扱を務めた時だ。この時、安倍前首相や菅首相はまだ国会議員にすらなっていないから、杉田副長官としては内心、「俺の方が総理にふさわしい」と思っているのかもしれない。なるほど、「陰の総理」「官邸の守護神」などと呼ばれているわけだ。

 エリート官僚にありがちな「勘違いのパワハラタイプ」の典型だが、その片鱗はすでに高校時代から見られたようだ。日刊ゲンダイ記者が入手した杉田副長官の母校である「埼玉県立浦和高校」の1960年の卒業アルバム(3年2組)の寄せ書きには、自分についてこう書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る