再浮上する1月解散 コロナ禍有利の皮算用で「2.7投票」

公開日: 更新日:

 いったん消えた「年明け解散説」が再浮上している。政権に近い産経新聞が先週末(14日)、<通常国会 1月8日か12日召集><早期解散の余地残す>と大きく報じたからだ。

 当初想定された1月中旬の国会召集では、日程的に年明け解散は難しいとみられていたが、1月8日召集なら、年明け解散も十分可能だ。

「国会の召集日は、慣例で月曜か金曜と決まっています。来年1月4日も月曜ですが、この日は毎年、総理の伊勢神宮参拝が予定されているので、常識的に国会召集はない。だから、1月8日(金)は、日程的に一番早い召集日となります。召集日が8日となったら、多くの国会議員が“1月解散”を意識するはず。もし解散があるなら、12日から15日まで、第3次補正予算案の審議を衆参2日ずつ行って成立させ、1月15日解散―2月7日投票となるでしょう。2月7日投票なら、来年度予算の成立も大きくは遅れない。さすがに年度内の成立は難しく、暫定予算を組む必要が出てくるでしょうが、4月中には成立し、景気に影響を与えることもないでしょう」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る