北朝鮮5年ぶりの党大会 金正恩の新米政権へ牽制発言出るか

公開日: 更新日:

 北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、平壌で5日、朝鮮労働党大会が始まったと伝えた。党大会開催は5年ぶり8回目。

 制裁の長期化や新型コロナウイルスの影響などで国内経済が打撃を受ける中、金正恩委員長は党人事を通じて求心力強化を図り、経済再建へ新たな道筋を示す見通し。

 注目は今月20日のバイデン次期米政権発足前に、核・ミサイル開発をめぐってどのような方針を示すか。「開会の辞」で正恩は、核戦力や対米関係へは直接言及せず、過去5年間で「祖国と人民の運命を守ることができる強力な保証を手に入れた」と語った。党大会は数日続くとみられる。

 一方、米研究機関「38ノース」は、北朝鮮が党大会にあわせ、パレードを準備している様子だとする衛星写真を公開した。

 先月31日に撮影された平壌郊外の訓練施設の様子で、パレードの隊列を組む兵士の姿や400台以上の大型車両が確認できると指摘。近くのホテルにも100台以上の車両が停車しており、「近く開かれる朝鮮労働党大会にあわせたパレードの準備」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る