文化庁「芸術院にメス」は学術会議“骨抜き”への足掛かり

公開日: 更新日:

 菅政権がまたぞろ怪しい動きだ。「透明化」の掛け声の下、芸術家の殿堂と呼ばれる「日本芸術院」にメスを入れる。任命拒否問題で対立を深める日本学術会議の骨抜きに向け、足掛かりにする思惑はミエミエだ。

 芸術院の新会員選考のあり方などを検討している文化庁の有識者会議は12日、外部の意見も反映される見直し案を大筋了承した。現役会員推薦と会員投票が前提となる現行の選挙方式を改め、外部有識者による「推薦委員会」を新設。外部推薦と会員推薦の候補者を「選考委員会」で絞り込み、会員投票で決定する仕組みとなる見通しだ。

 それにしても、100年超の歴史を誇る国の機関を変える動きはハイペースだ。発端は昨年11月の国会審議。学術会議問題を巡り、芸術院にも「閉鎖的」「既得権」などと批判が向かうと、萩生田文科相は今年1月に有識者会議を立ち上げ、半年足らずで改革案をまとめるスピード決着だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る