溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組は業界の盟主の座から転落するのかも…全国の暴力団は平和共存路線に

公開日: 更新日:

 六代目山口組による神戸山口組攻撃は最近、鳴りをひそめている感じだが、高山清司若頭による神戸山口組潰しの決意はいささかも揺らいでいない。

 高山若頭の第1目標は依然として①神戸・井上邦雄組長の死か引退、神戸山口組の解散である。次にそのバックアップ策として②岡山市を本拠とする池田組(池田孝志組長)潰しが挙げられる。

 池田組は去年7月、神戸山口組から離脱して独立、直後から絆会(織田絆誠会長)と連携を密にしている。この池田組は財力に富み、もし神戸山口組とよりを戻し、再連携することになれば、神戸と井上組長を優に4~5年延命させてしまう。

 そうなれば今回の分裂抗争は10年戦争になり、辣腕で聞こえた高山若頭の采配に疑問符がつけられよう。

 井上組長はたとえ一人になっても引退しないとほぞを固めているし、池田組長も織田会長も絶対六代目山口組に戻らないことで意見が一致している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

  3. 3
    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

  4. 4
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

  5. 5
    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

もっと見る

  1. 6
    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

  2. 7
    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

  3. 8
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 9
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

  5. 10
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも