• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不審死の2週間前…野崎社長宅を訪問した男女2人組が

「社長のファンという男女が来て、社長が家に上げちゃったんです。来ていただけませんか?」

 若妻のさっちゃんから連絡があった。愛犬イブが亡くなり、新しくお手伝いになるという人が田辺に来た日のことだ。

 慌てて社長宅に行くと、60代半ばのラフな服装の男女が1階のリビングのソファに腰かけている。男性は沖縄の宮古島で暮らし、本土に来たのは生まれて初めてだと自己紹介した。女性は男性の友人で、北九州から来たという。

「熊野古道でも歩くんですか?」

 あまりにラフな格好なので聞いてみた。

「いやいや、ドン・ファンの本を読んで感動したので、会うのが目的でした。田辺駅で降りて、タクシーの運転手さんに野崎社長の自宅を聞いたんです。運転手さんには『社長の家はご不幸があって、無理かもしれませんよ』と言われましたが、家だけでも見たいと思いまして来たんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る