不審死の2週間前…野崎社長宅を訪問した男女2人組が

公開日:

「社長のファンという男女が来て、社長が家に上げちゃったんです。来ていただけませんか?」

 若妻のさっちゃんから連絡があった。愛犬イブが亡くなり、新しくお手伝いになるという人が田辺に来た日のことだ。

 慌てて社長宅に行くと、60代半ばのラフな服装の男女が1階のリビングのソファに腰かけている。男性は沖縄の宮古島で暮らし、本土に来たのは生まれて初めてだと自己紹介した。女性は男性の友人で、北九州から来たという。

「熊野古道でも歩くんですか?」

 あまりにラフな格好なので聞いてみた。

「いやいや、ドン・ファンの本を読んで感動したので、会うのが目的でした。田辺駅で降りて、タクシーの運転手さんに野崎社長の自宅を聞いたんです。運転手さんには『社長の家はご不幸があって、無理かもしれませんよ』と言われましたが、家だけでも見たいと思いまして来たんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る