事態の進展なし…日本の選手会はメジャーにハメられたのか

公開日: 更新日:

 18日のプロ野球実行委員会。出席した12球団の代表者らの多くは、徒労感に包まれていた。MLB(大リーグ機構)側から白紙に戻された新入札制度に進展はなく、先方から「数週間を要する」と通告されている修正案が出されるのを待っている現状では、額を突き合わせたところで、一両日中にMLBと連絡を取って交渉を再開することを決めるのがやっとだった。

「進展はなにもない」と、嘆息する某球団の関係者は、「選手会が話をまぜっかえしさえしなければ……」と言ってまた大きなため息をついた。

 MLB、米選手会とNPB(日本野球機構)で合意寸前だった新入札制度に、日本の選手会が「NO」を突きつけたことで始まった今回の騒動。その後、軟化した日本選手会がこれを承認したものの、今度はMLB側から「日本側の返答に時間がかかりすぎた。情勢が変わった」と白紙撤回を突きつけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る