マー君のメジャー挑戦に再び暗雲…楽天に悲鳴と怒号

公開日: 更新日:

 15日未明、MLB(大リーグ機構)から日米で合意寸前だった新入札制度の取り下げを通達されたNPB(日本野球機構)。楽天田中将大(25)のメジャー挑戦に再び暗雲が立ち込めてきたが、たまらないのは楽天球団も同じである。エースの去就問題の長期化は、来季に向けたチーム編成に重大な影響を及ぼす。

<選手会ふざけるな!>

「現在アジアシリーズに出場中の楽天は当初、同シリーズ終了直後にも田中のメジャー移籍手続きを開始。並行して来季の補強に着手する予定だった。もちろん、その補強費用は田中の入札金をアテにしていた。“田中マネー”を念頭に置いて、『(先発、抑えの)外国人投手を2人は取る!』と明言していた星野監督は、西武からFAした片岡の獲得にも名乗りを上げると言っていた。今回のことでペンディングせざるを得ない案件も出てくる。頭を抱えているはずです。原因をつくった選手会に、ふざけるな!という心境でしょう」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る