マー君 選手会が妥協しなければメジャー移籍は再来年

公開日:  更新日:

<30球団へ通達の狙い>

「ヤンキース マー君に75億円入札」「補強の最優先事項」「カブスも参戦」
 日米両メディアが騒いでいる。今オフのメジャー挑戦が注目される楽天・田中将大(25)が、どの球団にいくらで“落札”されるのかに関してだ。

 これらはすべて失効中の入札制度(ポスティングシステム)が合意することが前提での話。新たな入札制度はすでに大リーグ機構(MLB)、大リーグ選手会、日本野球機構(NPB)の間で合意している。日本の選手会だけが反対していて、交渉は暗礁に乗り上げているのが現状だ。

 NPBと選手会の事務折衝が11日にも行われるが、このまま選手会が妥協しなければ田中のメジャー挑戦は来年どころか、海外FAを取得する再来年にズレ込みそうだ。

 そもそも米国側は、選手と交渉するためだけに大金を払う入札制度をよしとしない。旧制度が失効したのは、そんな米国の意向が大きかった。しかし、このオフは田中がいる。米球界に移籍すればどの球団でも即、エースになる選手だから、入札制度を復活させても構わないと最大限に譲歩して日本サイドと交渉してきた。それが土壇場になって、選手会の意向で交渉は頓挫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る