• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル逃がすも…早くも始まった高梨沙羅「大学進学」争奪戦

 ソチ五輪スキージャンプ女子ノーマルヒル(11日=日本時間12日未明、ルスキエゴルキ・ジャンピングセンター、ヒルサイズ106メートル、K点95メートル)で、高梨沙羅(17)はまさかの4位に終わった。

 逆転の可能性があった2本目は98.5メートル、飛型点も50点で118.9点と1本目を下回るジャンプ。その時点で2位。金メダルが消えた。さらに残るフランスのC・マテル、フォクトが高梨を上回り、結局メダルなしに終わる。その瞬間、観客席の日本人応援団からは、ため息が漏れた。

「本人も納得のいかないジャンプと言うように、緊張や力みからか、踏み切りのタイミングが若干遅れたようだ。追い風の不利な条件だったにしても距離も出ていない。以前、高梨にインタビューしたとき、マスコミから追い回されるようになってどうなのと聞いたら、私は抜けたところがあるから気にならないです、と言っていた。精神的にもしっかりしていると思っていた。今季のW杯で13戦10勝。その高梨でも五輪の舞台は特別だったのでしょう」(スポーツライター・高野祐太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る