日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅は意外に不人気…愛ちゃん、真央とどう違う?

 W杯ジャンプ女子個人第13戦(オーストリア・ヒンツェンバッハ)で、高梨沙羅(17)が優勝。米国のサラ・ヘンドリクソン(19)の持つシーズン単独最多勝利を抜く今季10勝目を挙げた。通算勝利も、W杯初優勝からわずか1年10カ月で、荻原健司(ノルディック複合)に並ぶ日本人最多の19勝とした。

 高梨は「優勝して五輪にいくのはすごく自信になる。なかなか体と頭がリンクしなかったけど、徐々によくなってきた」と語った。

■強すぎてドラマがない

 今季は最強ライバルのヘンドリクソンが故障で欠場(五輪は出場)していたとはいえ、ここまで圧倒的な強さを見せている。ソチでは、たとえ銀や銅メダルに終わったとしても、五輪が終わればCMオファーが殺到すると思いきや、このジャンパーに関してはそうなるとは限らない。ある広告関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事